トップページへ

【観葉植物】 生産温室直送 食虫植物 ネペンテス トランカータ x インサイニス 現物

   

 


 

 


置き場所 夏の間は、真上からの日差しが強すぎるのでスダレを使ったり木陰や軒下で真昼の直射日光を避けてください。

(朝夕の斜めからの光線は当てた方が良い)。

遮光ネットを使用する場合は50パーセント程度の物が適切です。

春、秋は30パーセント、冬季は出来るだけ温かい温室または部屋で保温に努めよく日に当ててください。

朝の最低温度が15度ぐらいを毎日下回るようになったら暖かい場所に移動してください。

水やりについて 用土が乾き切らないように夏の間は一日に一回たっぷり灌水してください。

冬季はやや控えめにしてください。

その際、袋の中にも適度に水が入っている事を確認してください。

無くなっているようであれば適量入れてあげて下さい。

【3分の1程度】 温度、湿度について 熱帯性の植物なので冬季でも出来れば18度以上が好ましいのですが、家庭で育てる場合、よく日のあたる南側の窓辺で最低13度程度の環境を整えてあげて下さい。

エアコンなどの空調の乾燥した環境は好ましくないのでガラス水槽や半透明の衣装ケースなどの容器に入れて湿度を保つ工夫をしてみてください。

肥料について 基本的には不要ですが、生育が活発なる春先から初夏に1,2度ごく少量の油粕【大豆程度】を用土に置いてみてもよいでしょう。

絶対に多くあげてはいけません。

虫について 虫を袋に入れてあげないと!って思われる方がよくいますが、全く必要ありません。

外で栽培していると自然に小さな虫は落ち込みます。

室内であっても入れる必要はありません。

頻繁に入れてしまう事でかえって壺の寿命を早めてしまいます。

自然に任せましょう! 注意 以上、ネペンテスの栽培についての基本的なポイントについて説明しましたが、あくまでも、指標であって生育を保証するものでは有りませんのでご理解のほど宜しくお願い致します。

エキゾチカプランツ産 2芽立ち Nepenthes truncata stripe x insignis-biak 現物 トランカータxインサイニス 真夏は暑がる傾向があります、十分な遮光をして風通し良く涼しくなる様工夫してください。

暑すぎると葉に黄色い斑点を表して暑さを訴えます。

【ウツボカズラ】栽培に挑戦してみよう!! トランカータを片親に持つ交配種はどれも立派なサイズになります。

母親のインサイニスはニューギニアのビアク島の低地なあるものです。

結構大きくなる種のようで、更にトランカータの交配種という事で大きくなる事でしょう。

楽しみです。

ビッグなネペンに育て上げてみてください。

Nepenthes truncata stripe x insignis- biak 国内でどれだけ大きく出来るか楽しみな1品です。

鉢のサイズは4.5号です。

【送料込商品と一緒に買って頂ければお得です。

注文画面で送料が表示されてもそのまま送信してください。

こちらで送料込みに修正します。

】 花粉親のトランカータはこんなサイズのネペンテスです、参考までに。

   父親 インサイニス ビアク島

  • 商品価格:6,480円
  • レビュー件数:0件
  • レビュー平均:0.0(5点満点)

楽天で購入

トップページへ


TOP